貴重な平安時代の浄土式庭園、平等院庭園

sswwq

1052年、藤原頼通が父・道長より譲り受けた別業を仏寺に改め平等院としました。この年は末法初年に当たるとされ、末法思想が貴族や僧侶らの心をとらえ、極楽往生を願う浄土信仰が社会の各層に広く流行していました。末法思想についてはこちら。その翌年の1053年には阿弥陀堂(鳳凰堂)が完成し、堂内には平安時代の最高の仏師定朝によって制作された丈六の阿弥陀如来坐像が安置され、華やかさを極めたとされています。

◆いけこボイス
池泉に映るというか、浮かぶ鳳凰堂のものすごく美しいです。写真などでよくみるあの光景、生でみると嘘でしょなにこれ…浄土やん!って思わず言うほど美しいです。池への映り込みを考えたらぜひ晴れた日に行くのをオススメします。ミュージアムで雲中供養菩薩を初めて見たけど、なんて優雅なんでしょうか。一体一体、表情が違っていてさらにポージングも細かくてめちゃくちゃ見応えありました。仏像にはあんまり興味ないんだって人もきっと楽しめる奥深さです。さらに境内にある、養林院書院には細川忠興が作庭した洗練された枯山水があるという…。とても見たい!と思いましたが、公開はしていないようでガッカリしました…。

◆拝観
年中無休

◆近隣の御食事処
平等院までに行くまでにたくさんの小店が並んでいてお団子食べたりパンを食べたりわらび餅を食べたり、ぶらぶら買い食いしていたらお腹がいっぱいになりました。今度行く時は中村藤吉本店に行ってみたいです。

◆アクセス
「京都駅」からJR奈良線で17分(みやこ路快速)、「宇治駅」下車、徒歩10分
京阪電鉄宇治線で「京阪宇治駅」下車、徒歩10分