平安時代の庭 寝殿造りの庭園

平安時代の貴族の邸宅を「寝殿造り」といいます。その基本構成は敷地の北側に「寝殿」という主屋が南向きに建ち、その東西に東対屋、西対屋があります。寝殿とそれぞれの対屋は渡り廊下で結ばれています。さらに東西の対屋から少し離れた南の場所に泉殿、釣殿があり、それらも対屋と渡り廊下で結ばれています。

金閣寺の一層目や平等院の鳳凰堂、平安神宮、厳島神社などが寝殿造りの建築物です。それらを見ているといかに寝殿造りの庭園が大規模であったのかがわかります。