なめらかな曲線美の庭園 青蓮院門跡

青蓮院門跡(しょうれんいんもんぜき)は、天台宗総本山比叡山延暦寺の三門跡の一つとして古くより知られ、現在は天台宗の京都五箇室門跡の一つに数えられている寺院です。

◆庭園レポート
青蓮院の庭は池泉回遊式庭園です。相阿弥の作と伝えられ、粟田山を借景にしてその山裾を利用しています。
龍心池の対岸南に高く石積みした滝口を中心として、柔らかな曲線をえがいた築山が設けられた築山泉水庭でもあります。
言われてみると曲線が多いお庭で、なめらかな優美さを感じます。ちょうど小雨の日で石が濡れ木々の葉も水滴で瑞々しく、しっとりとした美しさがありました。
syou01
なだらかでなめらか~な線を見ていると角がとれて、心持ちもなんとなくなめらかになるような気がしてきます。
syou03
太閤秀吉が寄進したと伝わる一文字手水鉢。すごく立派でかっこいい。

syou02
青蓮院の宸殿(しんでん)にはあの親鸞聖人が得度(出家の儀式)をした「お得度の間」があります。ここで、親鸞聖人が得度を…!胸が震えるっ…!ってワナワナなりました。

syou03
門の前にはかなり大きなクスノキがあってそれもすごくかっこよくて、迫力があり見ごたえがありました。


◆拝観
無休 9:00~17:00

◆拝観料
500円

◆所要時間
30分ほど

◆アクセス
京都市東山区粟田口三条坊町69-1 地図
地下鉄東西線「東山駅」下車 徒歩約5分
京都市バス「神宮道」下車 徒歩約3分


◆歴史のこばなし
室町時代に活躍した相阿弥は足利義政の「同朋衆(どうぼうしゅう)」で、絵師をしながら書画の管理・鑑定、作庭、香、連歌、茶道など多方面で才能を発揮しました。父も祖父も将軍お抱えの「同朋衆」でした。

この「同朋衆」は室町時代以降将軍の近くで雑務や芸能にあたった人々のことを指します。「同朋衆」は阿弥号を持って剃髪し(一遍の時宗と密接な関係があったともされています)立花、茶湯、香、連歌などなんらかの一芸を持っていました。猿楽能で有名な観阿弥・世阿弥も「同朋衆」でした。

作庭に活躍した善阿弥はその当時、差別を受けていた河原者の出自でありながら同朋衆に抜擢され、作庭には多くの河原者も参加したようです。

あの千利休の祖父も田中千阿弥と称し、足利義政に仕える同朋衆だったそうです。
後に堺に移り住み、千と名乗ったと伝えられています。